【アメリカ・海外製】増大サプリのおすすめランキング

アメリカ・海外製の増大サプリを紹介するサイト

海外製の増大サプリを摂取する上で押さえておきたいデメリットやリスク

   

海外製の増大サプリはネット通販で購入可能!

海外製の増大サプリ

「海外製の増大サプリは現地まで行って購入しないといけないの?」と疑問を抱えている男性は少なくありません。

いくら効果的な増大サプリでも、現地に出向くのはちょっと現実的ではないですよね。

しかし、現在では国産の増大サプリも海外製の増大サプリも、インターネット通販で購入できます。

  • Amazonや楽天市場などの通販サイト
  • 商品を製造している公式サイト(正規販売店)
  • 豊富な種類の海外の医薬品やサプリメントを取り扱う個人輸入代行サイト

上記の3つのサービスを利用すれば、海外製の増大サプリを手に入れることができるでしょう。

当サイトのトップページでも紹介しているプライムモンスター(PRIME MONSTER)やメガマックスウルトラ(MEGA-MAX ULTRA)は、公式サイトや個人輸入代行サイトで入手できます。

国内の製品とは違った魅力やメリットがありますので、ペニス増大や勃起力回復が目的で摂取してみるのは選択肢の一つですよ。

 

海外製の増大サプリを摂取する上で押さえておきたいデメリットやリスクはこれだ!

海外製の増大サプリを飲んでチンコをデカくするに当たり、デメリットやリスクもあると心得ておかないといけません。

間違った知識で商品を購入して飲んでいると、思わぬトラブルが引き起こされる可能性があります。

「海外の製品は品質が低くて、国産の製品は高品質」と決め付けることはできないものの、良くない部分が少なからずあるのは紛れもない事実です。

ここでは海外製の増大サプリを摂取するデメリットやリスクを紹介していますので、商品を購入する前に把握しておきましょう。

 

ペニス増大サプリとしてのスペックが低い

「海外の製品だからきっとペニス増大効果は高いだろう」とイメージしている男性はいます。

しかし、海外製のペニス増大サプリは国産の製品と比較してみると、意外にもスペックが低いのです。

全ての商品に該当するわけではありませんが、海外の増大サプリに共通する特徴を幾つか見ていきましょう。

  • 1タイプの錠剤やカプセル(日本では最新の3タイプの増大サプリが流行っている)
  • ペニス増大に欠かせないL-シトルリンやL-アルギニンの含有量が少ない
  • トータルで配合されている成分は10種類~20種類程度(国産の製品の中には100種類を超えるものがある)
  • 少量のアミノ酸成分に加えて、後は植物系成分が入っている

日本の増大サプリ業界における10年前くらいのスペックの製品が多く、成分の含有量や種類はそこまで魅力的ではありません。

また、通訳や海外在住の協力者の情報を得て分かったことですが、海外製の増大サプリはほとんどが勃起やざっくりとした下半身の強化が目的です。

つまり、日本で取り扱っているサプリメントのように、ペニスの増大が目的で作られていない製品も紛れ込んでいるリスクがあると心得ておいてください。

 

日本人の体質に合う配合バランスで作られていない

日本人と外国人

海外製の増大サプリと国産の増大サプリの大きな違いは、次のように摂取対象の人物です。

  • 海外の製品は体格の大きな外国人を焦点に当てて作られている
  • 国産の製品は比較的小柄な日本人を焦点に当てて作られている

アメリカや東南アジアの増大サプリは、当然のように日本人の体質に合う配合バランスで製造されていません。

「Aは日本人に効くけどBは効かない」「Bは外国人に効果的だけどAは効果が薄い」といったケースはありますので、効果なしの可能性もあるのが海外製の増大サプリを摂取するデメリットですね。

海外製の増大サプリと違い、国産の製品には以下の特徴があります。

  • 日本人男性に効くような成分を絶妙なバランスで配合している
  • 日本人の体格に合わせて有効成分の含有量を決めている
  • 日本人で実証実験やモニター調査を行っている

効果と安全性の両方において国産の増大サプリには魅力がありますので、初めて飲んでチンコを大きくしようと考えている男性は、なるべく海外製の増大サプリを避けた方が良いでしょう。

 

偽造品や粗悪品を掴まされるリスクがある

国内のペニス増大サプリは日本の会社が製造販売していますので、偽造品や粗悪品を掴まされるリスクはありません。

素人がカプセルや錠剤の見た目で本物か偽物か判断するのは難しいものの、信頼できるメーカーの製品を公式サイトや公式ホームページで購入していれば、必ず正規品が自宅に届けられます。

一方で海外製の増大サプリは良く分からない会社が作っているケースもあるため、国産の製品と比べると偽造品や粗悪品を掴まされやすいのです。

偽造品や粗悪品の増大サプリを飲むに当たり、どのような弊害やリスクがあるのかまとめてみました。

  • 自分では効いていると思っていても、プラシーボ効果の可能性が高くなる(思い込みで勃起力や精力が上がったと勘違いする)
  • ペニス増大に繋がる本来の有効成分がしっかりと入っていない

満足のいく効果が出ないだけではなく、日本人の体質には効きすぎるリスクもあると心得ておくべきです。

 

管理体制の整っていない工場で作られていると不純物が混ざる

工場の管理体制

私たちが住んでいる日本には厳しい薬剤法が設定されていますので、増大サプリも基準値をクリアするために不純物がなるべく混入しないように製造されています。

サプリメントだけではなく医薬品にも該当しますが、製造するに当たって化学変化を起こしたり多種多様な成分を組み合わせたりと皆さんが想像する以上に大変です。

その技術力や管理体制の整っていない工場で作られている海外製の増大サプリは、不純物が混ざりやすいデメリットがあります。

L-シトルリンやL-アルギニンなどの有効成分による影響ではなく、不純物が原因で次の副作用を引き起こしている男性は少なくありません。

  • 頭痛や頭の重み
  • めまい
  • 吐き気や嘔吐
  • 腹痛や下痢
  • 倦怠感
  • 不整脈
  • 食欲不振

中でも中国製や東南アジア製の増大サプリは表記と違う不純物が混ざっている可能性が高いため、安全にチンコを大きくしたい方には適さないのです。

 

個人輸入代行サイトの利用自体にリスクがある

個人輸入代行サイトは、海外で流通している医薬品やサプリメント、化粧品を購入できる便利なサービスです。

しかし、個人輸入代行サイトの利用自体に次のリスクがありますので注意しないといけません。

  • 日本の医薬品医療機器等法に基づく安全性が確認されていない
  • 海外の製品によるトラブルは全て自己責任になる
  • 偽物の製品で健康被害を受ける恐れがある

日本の薬局やドラッグストアで何かを購入すると異なる点については、ペニス増大サプリも他の健康補助食品も一緒ですよ。

そのため、海外製の増大サプリを購入する時は、長い実績があってお客様から信頼を獲得している個人輸入代行サイトを利用しましょう。

 

まとめ

国内だけではなく海外の製品も含めれば、豊富な種類の中から選んで増大サプリを飲むことができます。

海外製の増大サプリを飲んでいる日本人も多いのですが、商品自体のスペックが低かったり日本人の体質に合わせて作られていなかったりというデメリットやリスクがある点には要注意です。

正しい知識を持って、海外製の増大サプリを飲んで理想のチンコを手に入れる努力をしてみてください。

 - 増大サプリ